心を貫く、まっすぐな写真


by mitsukaruna

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ブログ
写真
カメラ

未分類

以前の記事

2015年 03月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 07月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

お気に入りブログ

キャバリア ひめの「博多...
Fukuoka Phot...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

レタッチ

写真を崩すことを恐れてはならない。
f0209031_22522897.jpg
f0209031_22524315.jpg



作者:梅津 正太
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-30 22:53

street21

21世紀。
街。
人。
モノ。
まるで、未来を生きているようだ。
君もそう思うかい?
f0209031_2192759.jpg




作者:内田ヒロシ
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-29 02:23

終わりの風景

遠い昔、幼い頃に見たものがある。
たしか、光に満ちたブラウン管の向こうにそれはあった。
そこに僕も行きたくて口をあけたまま見ていた。
本当にあるのだと思っていた。
あらゆる本や歌、詩、映画、ドラマ、写真に出てくる言葉
「光の向こうに」「翼」「鳥のように」「自由」「未来」
こうのような言葉にどれだけ夢を膨らませてきたか、今となってはもうわからない。

どんなに目を凝らしたも、僕には見えないものがある。
あらゆる偉大な芸術家たちは
その目で
いったい
何を見たのだろう。
f0209031_2143369.jpg

もし、その風景が見れるのならば
悪魔の肉を食らい
この心などくれてやろう
私のすべてを持っていけ
覚悟など、とうにできてる。



作者:梅津 正太
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-27 02:29

無題

f0209031_01226.jpg


言葉とは
時にその意味を失う


作者:内田ヒロシ
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-26 00:04

sa

f0209031_0372158.jpg



作者:内田ヒロシ
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-19 00:37

想像的空間

例えば、幸せを見つけたらどうしよう?
「想像的空間」 カンナ
f0209031_232594.jpg
f0209031_2322175.jpg


私はその幸せの手の中に入ろう
―そして、
    幸せだと言おう―



作者:カンナ
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-08 23:13

Mr.bat

仕事をしている姿を見ると、良くも悪くもその人のオーラが見えてる気がする。
それは本当に「気がする」だけなのかもしれない。
しかし、造りこんで創作した写真よりも、ただただ記録した写真の方が、
遥かに表現的に写り、写真として描くことができる場合がある。
今回、御紹介する写真がそうであるかは、観る側として知る由も無いのだが、
内田ヒロシはまさにそれに特化しているといえるであろう。
~Mr.bat~
f0209031_23275040.jpg

表現写真を求めようとも
記録写真を求めようとも
それはこの道を進むにつれて
同化してゆく



写真家:内田ヒロシ
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-04 23:37

死神

今回ご紹介するのは、abcフォトスクールの第一回写真展+コンテストでの作品です。
その展示で、最多得票数を得てグランプリを頂きました。
「ありがとうございます」
タイトル:死神
f0209031_2246252.jpg

老いた賢い魂に
あなたもすべてを視られるであろう



作者:梅津 正太
[PR]
by mitsukaruna | 2010-04-01 22:52